盆景菓子 『月の都人』(かぐや姫)

e0269942_10545414.jpg


菓子研究団体 大阪二六会7月例会に出品させて頂きました。

タイトル
盆景菓子 『月の都人』(かぐや姫)

竹取物語のラストシーン
十五夜の夜
かぐや姫が月の都に帰る場面に思いを馳せ

かさねの色目でイメージした「かぐや姫」と
かぐや姫を囲う月の都の人々をイメージした「竹葉」を雲平生地で
雲のかかった「十五夜の月」を落雁で
デザインし創作致しました

使用した重ねの色目
かぐや姫「花薄(はなすすき)」「紅匂(くれないのにおい)」「萩重(はぎがさね)」
竹葉「女郎花(おみなえし)」


重ねの色目は、2色の色を重ね合わせて現れる色が特徴です。
表からは見えませんが、裏に別の色が隠されているのもまた良いものですね。

e0269942_3485937.jpg





















e0269942_25613.jpg

全国菓子研究団体連合会 第6回技術コンテストバージョン  盆景菓子『月の都人』


7月6日に全国菓子研究団体連合会総会があり、同時開催で第6回技術コンテストが行われました。
その時に出品させて頂いたのが、このバージョンの盆景菓子『月の都人』でした。

雲平製のかぐや姫は、かさねの色目を重ねずにずらし2色(「花薄」「今様色」)で表現しています。
竹葉も重ねず2色別々で作っています。
また、雲のかかった十五夜の月も、輝きを市松模様で表現し、雲を紫の雲平生地を入れ表現しています。
[PR]
by kinuyanidaime | 2015-07-29 00:00 | 工芸菓子など