春の百人一首 盆景菓子

昨年6月に行われた全国菓子研究団体連合会第7回技術コンテスト出品作品より
e0269942_06063812.jpg
春の百人一首 盆景菓子
「 ひさかたの 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」  紀 友則

歌意:「のどかな春の陽の中で どうして桜は こんなにも散り急ぐのでしょうか」

春の木漏れ日と桜を「寒氷」で
舞い散る桜の花びらを「生砂糖」で表現しました








e0269942_06065770.jpg
花びら一枚一枚にも心を込めて
寒氷製の「桜と木漏れ日」には春の日の情景を











[PR]
by kinuyanidaime | 2017-04-06 07:00 | 工芸菓子など