人気ブログランキング |

6月16日 和菓子の日(嘉祥の日)に『 笑わず餅 』を!!

「笑わず餅」
6月16日「和菓子の日(嘉祥の日)」には、「笑わず餅」を笑わずに食べて邪気祓いを!

「笑わず餅」とは?
西暦848年6月16日。
当時はやった疫病除けを祈り、時の仁明天皇が神前に16種類の菓子を供えたところ、たちどころに疫病が治まったそうです(嘉祥の儀)。
 そして江戸時代には民間でこの日に銭16文で菓子を買い、笑わないで食べる風俗があったといわれています。(広辞苑)

その「笑わない」から銘を「笑わず餅」とし、
邪気を払う小豆を使い各お店で工夫した(16に因んだもの等)夏菓子とだけ定め、6/16日だけは笑わずに食していただき、邪気祓いし盛夏を無事乗り切って頂こうと願いを込め、
平成9年(1997年)6月に大阪府生菓子青年クラブにより誕生した和菓子です。
平成11年(1999年)6月(今年第21回)からは大阪生菓子協同組合との合同で大阪難波神社にて「復活嘉祥の儀」と題し笑わず餅の献菓式も行われ、その後ご祈祷した菓子を神社前にて無料配布も行われています。

「笑わず餅 食うて美味うて 笑わせ餅」


絹屋の「笑わず餅」は、

丹波大納言かの子と沖縄波照間産黒糖使用し
十六種類の自然素材入りの蓮粉を使ったわらび餅風の笑わず餅です。

6月16日「和菓子の日(嘉祥の日)」には笑わずに食べて邪気祓いを!!

e0269942_15291580.jpg

e0269942_15292427.jpg

e0269942_15293664.jpg

e0269942_15294615.jpg

e0269942_15295423.jpg

e0269942_15300307.jpg





by kinuyanidaime | 2019-06-14 15:38 | 和菓子